忍者ブログ
弾く人の心を写すピアノの音色。 その日、その時々に指から伝わる微妙な変化をキャッチし 表現されるその繊細な仕組みは、どうなっているのでしょう? 素材や設計、造りの違い、また、輸入、国産ピアノのメーカーのご紹介など 良いピアノの選び方にもつながる“ピアノ”という楽器について松田楽器ピアノギャラリーのスタッフがお届けします。
<< 2017 / 12 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ 7 ]
いつも4月に調律してもらっている私のピアノ、今年も無事調律を終え、ピアノも新学期を迎えたという感じで初々しい音を奏でていますemojiこんにちは、岸くんです(^^♪

前回に引き続き、「蜂蜜と遠雷」を書かれた恩田 陸さんの雑誌対談の内容のご紹介をしたいと思います。
今回は恩田さんが浜松国際コンクール4回取材されたときに気づいたこと、そして受賞後の反響について。

実際コンクールは2週間にわたり行われ、1次予選では90人いるところを 2次は24人 3次は12人、本選は6人に絞られるらしいですが、恩田さんが驚いたのはお客さんに人気がある演奏と、審査員が選ぶ演奏にギャップがあることだったそうです。
出場者の演奏はすぐCD化されて会場で購入できるそうですが、「あの人ドラマチックでよかった」と会場では思った演奏を家で聴きなおすと、単調だったり一本調子に聴こえ、逆に審査員が選んだ人の演奏はCDで聴くとやはりよかったとか。
だから審査員の先生の耳はすごい!という感想を持たれたそうです。emoji

そして、人によってピアノの位置をほんの少しずらしたりとか、椅子の材質にこだわったり、良い音を出すために、ものすごく細かいところまで神経を使っていることも新たな発見だったとかemoji

受賞後の反響についてですが、楽器店である私たちもこうやってブログに取り上げさせていただいてるように、いろんなところでいろんな方が興味を持たれていると思います。
恩田さんが不安だったのは実際音楽をされている方がどう読むか‥だったらしいですが、ピアノコンクールに出たことがある方から「共感しました」と言ってもらえたり、意外と音大目指してた人が身近にたくさんいて、底辺が広いことを知ったり‥。
そして、本を読んだ後クラッシックを聴きたくなってコンサートに行ったなどプラスの反響がたくさんあったようです。

最後に、恩田さんのおすすめのクラシックの楽しみ方があるそうなのでご紹介しますと、
お気に入りの演奏家を一人見つけて追いかけてその人がどのように進化していくかを見守るのも面白いということです。

なるほど~emoji
私もコンサートやコンクールに足を運んでみようかなemojiそんな気分になりましたemoji


松田楽器ピアノギャラリーでは当教室講師のコンサートやクラッシック演奏会のご案内を店内及びホームページに掲載させていただいております。
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせくださいねemoji


こんな情報知りたかった!と思ってくださった方!
今後のブログネタの参考にさせていただきますので
ぜひ「拍手する」していただけますと嬉しいです♪
よろしくお願いします!!

↓ ↓ ↓

拍手

PR
お天気は不安定ですが、ずいぶん暖かくなりましたemoji
ただ花粉の次は黄砂‥‥、アレルギーの人は大変ですね。
そんな日は家で読書をしましょう~emojiこんにちは、岸くんです(^^♪

先日、本屋大賞を受賞された恩田陸さんの「蜂蜜と遠雷」を簡単に紹介させていただきましたが、同じ作品で1月に直木賞を受賞されてます。W受賞すばらしいですねemoji
直木賞受賞直後のある雑誌の対談で、恩田さんが12年かかったこの力作に込められた想いを語っておられましたので少しその内容を2回に分けてご紹介したいと思います。

ピアノコンクールの小説を書こうと思われたきっかけは、もともとピアノが好きだったこともあり、コンクールの最初から最後までを書きたいと思った時に、浜松国際ピアノコンクールの評判(今までコンテストに無縁でダークホースだった子が優勝し、その後の世界最高峰と言われるショパン国際コンクールでも優勝した、つまり新しい才能が現れるコンクールとして注目を浴びる)を聞いて興味が湧いたそうです。

浜松国際ピアノコンクールは3年に1回開かれるのですが、執筆に12年かかったのでトータル4回も取材されたそうです。すごいですね~emoji
クラシックを知らない人でも読みやすくするため、なるべく専門用語を使わずに書かれたようです。
大変だったのはピアノの音色を1次予選から3次予選、さらに本選まで文章で表現しなくてはならないこと、そして主人公4人の個性に合わせて何を演奏させるかプログラムを作るところに時間がかかり苦労したそうです。

私も早速購入しましたemoji
まだ全部読んでいませんが、冒頭に主人公の4人のプログラムが載ってあり、それを見て「あ、これだ、なるほどホント大変そうだ」と‥対談を読んでから実際に小説を読むのも面白いなと思いました。
次は、4回コンクールを取材して恩田さんが気づいたことを語っておられてますので、それについて書かせていただきます。

この本のようにコンクールを目指している人、もちろん趣味でされてる方も、松田楽器ピアノギャラリーではお客様にピッタリの一台をお探しするお手伝いをさせていただきますemoji
お気軽に足をお運びくださいねemoji


こんな情報知りたかった!と思ってくださった方!
今後のブログネタの参考にさせていただきますので
ぜひ「拍手する」していただけますと嬉しいです♪
よろしくお願いします!!

↓ ↓ ↓

拍手

暖かくなりベランダで読書などもいいなあと思う今日この頃‥‥
こんにちは!岸くんです(^^♪

一昨日、4月11日に全国の書店員が「一番売りたい本」を選ぶ「本屋大賞」に
恩田 陸さんの「蜂蜜と遠雷」(幻冬舎)が大賞に選ばれました。

本の内容は‥ピアノコンクールで優勝するために、いろんな環境の中でピアノを弾く人たちを取り上げ、その中で第1次から第3次予選、そして本線を勝ち抜いて優勝するのは誰なのか?というストーリーとのこと。
私はまだ読んでいないのですが読まれた方の感想によると音楽を文学で表現した構想12年の小説で、音楽を知らない人でもすごく面白いそうです♪

コンクールで戦う人たちの気持ちやピアノに対する思いなど様々でしょうが、私もとても興味があるので早く買って読んでみたいと思います。
昨年の調律師をテーマにした「羊と鋼の森」に引き続き、ピアノに関する本が本屋大賞に選ばれるのはとても嬉しいです\(^o^)/

ぜひ、ご興味がある方は「蜂蜜と遠雷」読んでみてくださいねemoji

松田楽器ピアノギャラリーでは、ただいまコンクールに使用される代名詞のスタインウェイのグランドと、希少なアップライトピアノを展示中です。
試弾もしていただけますので、ご興味のある方は是非ご来店ください♪
お待ちしておりますemoji


こんな情報知りたかった!と思ってくださった方!
今後のブログネタの参考にさせていただきますので
ぜひ「拍手する」していただけますと嬉しいです♪
よろしくお願いします!!
↓ ↓ ↓

拍手

誰もが経験したことのある「卒業式」。
私も卒業式で流れていた曲を聞くと、何十年たった今も
その当時の心境や友達を思い出します。
昔は仰げば尊しだったな…ピグです(*^^)v

様々な曲が卒業式で歌われていますが
誕生秘話にすごく感動させられた卒業ソングをご紹介しますemoji


『旅立の日に』
この曲は校長先生の一つの思いからつくられました。

荒れている中学校に赴任した校長先生が、この学校を歌で明るくしたいと
生徒たちに合唱の機会を多く与えました。
粘り強い努力の結果、生徒たちは歌うことの楽しさを知り
学校も次第に明るくなっていきました。

そして校長は
「卒業する生徒たちのために、何か記念になる世界にひとつしかないものを残したい」
との思いから、音楽教諭に作詞を依頼。
依頼された音楽教諭は「私にはそんなセンスはないから」と断わりましたが
翌日校長の机には書き上げられた詞が・・・。

その詞を見た校長は、なんて素敵な言葉が散りばめられているんだと感激。
その詞に校長がメロディーをつけ、『旅立の日に』が完成したのです。

この曲は3年生を送る会で教諭たちから卒業生に向けて一度だけ歌われる予定でしたが
その後生徒たちに歌い継がれ、プロの編曲を得て今の曲になりました。

この曲を聴いて感動するのは当たり前ですねemoji
先生たちの生徒への暖かい気持ちがたくさん詰まっているんですものemoji
このようなエピソードを思い浮かべながら聴いてみると
新しい世界に飛びだそうとしている方への思いが伝わってきますemoji


たった一度歌われるはずだった曲が、今でも歌い継がれ思いが伝わっていく。
本当に素敵で、音楽ってすごい!!emoji
MGミュージックアカデミーでは、そんな音楽の楽しさを教えています。
お気軽にお越しください



こんな情報知りたかった!と思ってくださった方!
今後のブログネタの参考にさせていただきますので
ぜひ「拍手する」していただけますと嬉しいです♪
よろしくお願いします!!

↓ ↓ ↓

拍手

春が待ち遠しいですね、思わず春にちなんだ曲を弾いてみたくなりますemoji
こんにちは、岸くんです(^^♪

今日は私のことを少し書かせていただきます。
私が鍵盤楽器を始めたのは4歳の時、当時は足踏み式のオルガン(年代がわかっちゃいますね)。
1年生~6年生はピアノ、しばらく空いて高校生~23才までエレクトーンを習ってました。
小さい頃は母に強制的に習わされてた感があったので、あまり上達はしませんでした(^_^;)
それでも習ってるというだけでemoji合唱コンクールの伴奏をしたり、結婚式でお祝いに弾いたり、結婚後はPTAの歌の伴奏をしたり、それなりにピアノ経験が活かされていたような気がします。
エレクトーンは楽しかったのですが、今は電子音ではなく、ピアノの生音に魅了されています。emoji

そして現在こうしてピアノの仕事に携わっておりますが、プライベートでも楽しい音楽仲間ができ、ピアノ生活にどっぷり浸かっています。
今では無理矢理習わされた母(笑)に感謝ですemojiemoji
もっと上手く弾けたら、、、と思いますが、楽しいと思えることが大事かなと思っていますemoji
今年は自分が好きなヒーリングの曲にもっとチャレンジしたいな♪
そしてたくさんの人に是非ピアノの楽しさを知っていただきたいなと思う今日この頃です・・emoji

MGミュージックアカデミーでは、小さなお子さまから大人の方まで基礎から個人のペースに合わせて楽しくレッスンを受けていただけます。
皆さまのご来店お待ちしています。




こんな情報知りたかった!と思ってくださった方!
今後のブログネタの参考にさせていただきますので
ぜひ「拍手する」していただけますと嬉しいです♪
よろしくお願いします!!
↓ ↓ ↓

拍手

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ブログ内検索
Template by kura07, Photo by Abundant Shine
忍者ブログ [PR]