忍者ブログ
弾く人の心を写すピアノの音色。 その日、その時々に指から伝わる微妙な変化をキャッチし 表現されるその繊細な仕組みは、どうなっているのでしょう? 素材や設計、造りの違い、また、輸入、国産ピアノのメーカーのご紹介など 良いピアノの選び方にもつながる“ピアノ”という楽器について松田楽器ピアノギャラリーのスタッフがお届けします。
<< 2017 / 08 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ 7 ]
ゴールデンウィークも終わり、皆さんそれぞれの休日をエンジョイされたと思いますemoji
私は久しぶりに動物園へ行き、コアラやパンダに癒されてきましたemoji
こんにちはemoji岸くんです(^^♪

さて、前回は補助ペダルの必要性をお話ししました。
では今回はどんな種類があるのか大きく分けてご紹介したいと思います。

①補助台
 
  ペダルがなく台のみのタイプ。 
  足が下に届かず、なお且つ
まだペダルを必要としない小さなお子様に。
  ペダルがない分リーズナブルな価格となっています。
  ただ、ペダルが必要になった時、補助ペダルに買い替える必要があります。
                  
          
②補助ペダル 
  補助台とペダルの一体型タイプ。
  足が下に届かず、ペダルが必要な曲を弾くお子様に。
  一体型なので扱いやすく、発表会やコンクールでは最も使用されています。
   型番によって高さ調節の範囲が違い、多種類の中から選ぶことができます。
   ただ、ピアノペダルと補助ペダルの重みがかさなり、少し重く感じます。 
 

        

③アシストペダル + アシストハイツール + アシストスツ    ール

 補助台とペダルの分離型タイプ。
 身長が少し高めのペダルが必要な曲を弾くお子様に。


 アシストペダル
 身長が高くなり、補助ペダルまでは必要ないけれど、足が届きにくく、またはピアノのペ ダルが重く感じるお子様に。(大人の方も使用できます)
 ペダルの踏む位置を手前に延長することにより、ペダルを軽く踏むことできます。

 ピアノペダルに直接取り付けるため、ペダルの反応が非常に早く、「てこの原理」  により弱い力でも無理なく踏むことが可能で、最もピアノペダルに近い感覚で使  用することができます。
      
  アシストハイツール
  アシストペダルだけではまだ届かないお子様に。

  アシストペダルに直取り付けることにより従来の補助ペダルでは使用できなかっ   た最も低いピアノペダルから最高13.6cmまで5段階の調整が可能です。
 足台が別々なので足元の不安定さをなくし正しい姿勢でお子様の成長に合わ     せて細かい調整が可能です。
    
 アシストスツール 
 アシストペダル専用の足置き台です。

 約2㎏と軽量で、お子様にも持ち運びが出来ます。
  
アシストペダル   アシストハイツール    アシストスツール                        3点セット

以上のように、ご自分に合った補助台や補助ペダルを使用することによって、正しい姿勢で強く・優しいタッチが生まれますemoji
美しい演奏は美しい姿勢からemoji
松田楽器ピアノギャラリーでは、上記の写真以外にレッスンに必要なアイテムをたくさん取扱いをしております。
皆さまのご来店お待ちしております(^^♪



こんな情報知りたかった!と思ってくださった方!
今後のブログネタの参考にさせていただきますので、ぜひ「拍手する」していただけますと嬉しいです♪
よろしくお願いします!!
↓ ↓ ↓

拍手

PR
こんにちはemoji岸くんです(^^♪

さて、気候がよくなってくるとアクティブに動きたくなりますが、芸術の面でもいろんなイベントなどが多くなってきます。
ピアノの発表会やコンクールなどもしかりemoji
当教室でも、毎年7月に発表会が開催され、早くも準備段階に入ってきていますemoji

そこで今日はレッスン時はもちろんのこと、発表会やコンクールで小さなお子さんが使用されているピアノの補助台・補助ペダルについてお話したいと思います。

まず、なぜ補助台、補助ペダルが必要なのでしょうemoji
小さいお子さまの場合、成長と共に身長が変わってきますemoji
ピアノ椅子の高さは、鍵盤に手を置いた時のフォームから決まりますが、その場合足が中に浮いてしまいます。
足元(土台)がしっかりしていなければ、しっかりと鍵盤を押えることができません。
さらにペダルを使用するようになってくると、無理に足を届かせようとし、弾く姿勢が非常に不安定になります。
そこで、姿勢を正しく安定させて演奏ができるように、補助台・補助ペダルを用いて演奏します。

では、次回はどのような種類があるのかお話したいと思いますemoji

その他、ご質問ご相談がございましたら、いつでも松田楽器ピアノギャラリーまで、ご連絡ください!







こんな情報知りたかった!と思ってくださった方!
今後のブログネタの参考にさせていただきますので、ぜひ「拍手する」していただけますと嬉しいです♪
よろしくお願いします!!
↓ ↓ ↓


拍手

入試や定期テストの時期emojiですね。ウン十年前に体験した事なのに、いまだにその時の事を思い出すと緊張してしまいますemojiピグです(*^^)v

前回まで、岸くんの「緊張せずにピアノを弾くコツ」でしたが、“音楽を聴くことにより緊張をほぐす”という、緊張しやすい私も実行してみようと思ったコラムがありましたのでご紹介しますemoji

脳は、
高度な判断や創造力をするところの理性脳
好き・嫌い、快・不快など人間の本音の部分の本能脳
身体脳身体の調整を行なう部分の身体脳
にわけられます。
ピアノや音楽はこの本能脳を刺激し活性化させ、心地よい音や音楽を聴くと本能脳がリラックスします
本能脳がリラックスすると、学習や練習時の情報の吸収を高めることができます。
さらに、そのリラックス状態を多く体験していると緊張する場でも擬似的にリラックスさせることができるのです
オリンピック選手がギリギリまでいつものトレーニング時の音楽を聴いているのが良い例emoji
緊張する場面で自分の一番リラックスできる曲を聴いて、リラックス状態を作りだすのです。
自分がリラックスしているかの判定はemoji
唾液がさらさらならリラックス状態emoji少ない、ねばっこいなら緊張状態emoji

なるほどemoji
リラックスできるスイッチを作っておけば、緊張する場面でもリラックスできるんですねemoji
緊張の場で本当にその曲を聴けなくても思い出せば、リラックス状態は作れるようですemoji

この自分の一番リラックスできる曲がご家族・ご自分の大好きなピアノ演奏曲だったら・・・
さらにリラックス状態が作りやすいのではないでしょうか

リラックスができるピアノ演奏・・・素敵ですねemoji
リラックスに一役買うピアノ、そんなピアノを松田楽器ピアノギャラリーで見つけてみませんか?
音楽教室MGミュージックアカデミーも、4月末までにご入会いただくと入会金無料です!!



こんな情報知りたかった!と思ってくださった方!
今後のブログネタの参考にさせていただきますので、ぜひ「拍手する」していただけますと嬉しいです♪
よろしくお願いします!!
↓ ↓ ↓

拍手

立春が過ぎて春も近づき、日も少しずつ長くなってきましたねemoji
街ではひなまつりの音楽が聴こえてきますemoji
日本は四季折々の歌や曲があるので楽しいですねemoji
こんにちはemoji岸くんです(^^♪

さて、前回は緊張せずにピアノを弾くいろんな方法を挙げてみましたが、今回はその中で共通する意識の持ち方についてまとめてみたいと思います。

先月テレビで、ピアノのミスタッチが少ない人を王者に決定するという番組を放送していました。emojiemoji
ピアニストをはじめ、作曲家、芸人、女優さんなどピアノに携わっている有名人10人ほどが、同じ曲(クラシック)を2名ずつで弾きあい、勝ち抜いていくというトーナメント方式でした。
ミスタッチが機械により正確に計算されていくのですが、平均すると1曲につき30~50回のミスタッチがあったように思います。

優勝したピアニストの方のコメントが印象的でした。↓
『どんな上手なピアニストでも、ミスなく演奏するのは不可能です。失敗をいかによい演奏に繋げるのかが大事なんです。』

この言葉を聞いて「プロでもミスするんだ~」と少し安堵した方も多いのではないでしょうか。最もプロのミスは観客にはわからない程度のミスなんでしょうけど・・(^_^;)
今回の放送はミスタッチだけで判断されていましたが、ピアノ全体の演奏として聴くと、ミスが多くても表現力が素晴らしい方もいました。emoji

すなわち 『 緊張は誰もがするものであり、ミスを意識するよりも、その曲をいかに魅力的に弾こうと心がけることが大事であり、そして人に聴いてもらうために弾くという緊張感があってこそ、心に響く演奏ができる 』 ということなのではないでしょうか。

私もこれからは緊張でいっぱいいっぱいにならず、少しでも聴いている方に喜んでもらえるような演奏ができればいいなと思いますemoji

もうすぐ新年度に入りますねemoji
MGミュージックアカデミーでも、春は新しいお顔がたくさん見られますemojiemojiemojiemojiemojiemoji
音楽という習い事をすることで、自分に自信がつき、またそれによって楽しみも倍増するのではないでしょうかemoji
当教室は随時生徒募集中ですので、お気軽にお問い合わせください(*^_^*)








こんな情報知りたかった!と思ってくださった方!
今後のブログネタの参考にさせていただきますので、ぜひ「拍手する」していただけますと嬉しいです♪
よろしくお願いします!!
↓ ↓ ↓





拍手

先日、友人のゴスペルコンサートを聴きに行きました♪
声を出すって気持ちよさそう・・・歌っている方も聴いている方も皆さんノリノリemoji
ジャンルは違えど音楽ってホントにいいものですねemoji
こんにちはemoji岸くんです(^^♪

さて、ピアノを緊張せずに弾くコツ‥‥。
調べてみたり、実際に先生にお話を伺ったりしてみました(*^_^*)
いろんな方法がありましたので挙げていきたいと思いますemoji

* 誰でも絶対緊張はするので、緊張しないように思うことを止める。emoji    
   (ありのままの自分を受け入れる)
 
 緊張している自分を第三者として自分を眺めてみる。emoji
    すると
意外と冷静になることが出来、力が抜けてくる。
 
* この音を間違えないように‥など、テクニックについて意識が集中しないようにし、
   この曲はどういう曲なのか、どんな感じなのか、曲想を膨らませるようにする。emoji
 
 緊張の原因は『失敗に対する恐れ』にあるため、たとえミスしてもそのミスを補って
    余りある 魅力的な演奏をしようと心がける。emoji
 
 舞台に立ったら、観客の数や視線を気にしないようにし、全体を眺めて箱(ホール)の
   大きさを知って隅々まで音を響かせることに気持ちを持って行く。emoji
 
* 場数を踏んで緊張することに慣れる。emoji
 
* 深呼吸、身体を動かすなどをして副交感神経を優位にさせてリラックスする。emoji
 
とにかく練習を重ねるて自信をつける。emoji
  
 家族の前で練習をし、人前で弾くという緊張感に慣れておく。emojiemoji

なるほど~emoji
いろいろ試してみて1番自分に合う方法を見つけれたらいいですねemoji
今まで発表会など人前で演奏することを敬遠されていた方!一度チャレンジしてみませんか?
MGミュージックアカデミーでも、年一回ピッコロシアター大ホールにて音楽発表会を
開催していますemojiピアノ教室についてもお気軽にお問い合わせください。emoji


こんな情報知りたかった!と思ってくださった方!
今後のブログネタの参考にさせていただきますので、ぜひ「拍手する」していただけますと嬉しいです♪
よろしくお願いします!!
↓ ↓ ↓




拍手

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ブログ内検索
Template by kura07, Photo by Abundant Shine
忍者ブログ [PR]