忍者ブログ
弾く人の心を写すピアノの音色。 その日、その時々に指から伝わる微妙な変化をキャッチし 表現されるその繊細な仕組みは、どうなっているのでしょう? 素材や設計、造りの違い、また、輸入、国産ピアノのメーカーのご紹介など 良いピアノの選び方にもつながる“ピアノ”という楽器について松田楽器ピアノギャラリーのスタッフがお届けします。
<< 2017 / 10 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
[ 51 ] [ 50 ] [ 49 ] [ 47 ] [ 46 ] [ 45 ] [ 44 ] [ 36 ] [ 43 ] [ 41 ] [ 42 ]

日、姪っ子のオーケストラを聴きに行き、少し優雅な気分に浸ってきましたemoji
音楽ってやっぱりいいな~♪と思う今日この頃‥‥こんにちはemoji岸くんです(^^♪

プログラムの中にピアノ独奏もあり、コンサートで使用するグランドピアノは
特に調律の際、神経を使うんだろうなと思いながら聴いていました。

その調律について
今日は整音、整調、修理についてお話ししたいと思います。


整音
発音の仕方を揃える事を目的として、バラバラになった音色を揃えたり
音色をソフトに、逆にハッキリした音に‥など好みの音に変えたい時も
この作業です。

具体的には、ハンマーのフェルトの状態をみて、形や硬さ、弾力性を調整し
音色に変化をつけ調整します♪


整調♪
ピアノの中には「アクション※」が入っていますが、このアクションの動きを
調整したり、鍵盤の深さを正しくチェックし、弾き心地を整えたりするのが
この作業です。

整調することによって反応が良くなり、弾きやすく発音が良くなります♪
※アクションとは、鍵盤を押さえて音を鳴らすために働くしくみのこと。


修理♪
ピアノの中には、木や鉄、フェルト類の部品がたくさん入っています。
使用頻度や設置場所により、フェルト類が消耗したり、硬くなったりして
雑音の原因や弾きにくい原因となるので、部品の交換や張替をします。
また、ネズミや虫食いの被害で修理が必要ということもあります。



それぞれの部品が日々、湿度や温度を感じながら変化していきます。
内部を点検せずに放置したピアノは、正しい働きをして正しいきれいな音を
出すことができません。

それだけではなく、埃はもちろん!
カビが発生したり、錆が付いたり
ネズミや虫の住みかになっていたりと不安要素がいっぱい!!

調律は、車で言うと車検、人間の場合でいうと健康診断の要素も
入っています。

年に1回は正しい音程と弾きやすく調整をして、悪くなりかけている部分は
大がかりな修理になる前に早期発見できれば、必要以上の
費用はかかりません。

ピアノも長持ちさせるための健康チェック、1年に1度の調律は
是非実行してくださいね♪


(株)松田楽器ピアノギャラリーでも、調律を承っておりますemoji
内容、料金等はお気軽にお問い合わせください♪



こんな情報知りたかった!と思ってくださった方!
今後のブログネタの参考にさせていただきますので、ぜひ「拍手する」していただけますと嬉しいです♪
よろしくお願いします!!
↓ ↓ ↓








拍手

PR
Send Comment
Name
Title
MailAdress
URL
Comment
Color
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
0 Comment(s)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ブログ内検索
Template by kura07, Photo by Abundant Shine
忍者ブログ [PR]