忍者ブログ
弾く人の心を写すピアノの音色。 その日、その時々に指から伝わる微妙な変化をキャッチし 表現されるその繊細な仕組みは、どうなっているのでしょう? 素材や設計、造りの違い、また、輸入、国産ピアノのメーカーのご紹介など 良いピアノの選び方にもつながる“ピアノ”という楽器について松田楽器ピアノギャラリーのスタッフがお届けします。
<< 2017 / 10 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
[ 48 ] [ 53 ] [ 52 ] [ 54 ] [ 51 ] [ 50 ] [ 49 ] [ 47 ] [ 46 ] [ 45 ] [ 44 ]
季節が変わり過ごしやすくなりました。
売場のピアノにとっても快適な湿度になってきました。
半年間お世話になった加湿器をお手入れしています、こんにちはemoji岸くんです(^^♪

グランドとアップライトの違い、今回は弦の長さ、響鳴板の面積,形状の違いを
お話しましょうemoji

ピアノの弦はピアノの蓋を開けると見えますが、一台につき約230~240本張られています。
 
グランドピアノemoji
ピアノが横型のため、弦の長さを長くとることができ、その長さに対応した
自然な設計で響鳴板を作成することができます。
また、響鳴板の形状が丸いため、音がバランスよく響き、豊かな音色になります。

アップライトピアノemoji
竪型の構造上、弦の長さをある程度までしか長くとることができません。
弦の傾斜角度を変えることによって長くとれるよう工夫されているピアノもありますが
やはり限界があります。
響鳴板の形状が四角いため、音の伝わり方もグランドに比べると弱くなります。

グランド、アップライト、それぞれ弦だけではなく、他の部分でも使っている素材により
音のボリューム感などとっても変わりますが、音の元となる部分ですので弦の長さを
気にされる方も多いのではないでしょうか。

詳しいお話は、是非お気軽に松田楽器ピアノギャラリーまで、足を運んでお尋ねくださいemoji
お待ちしておりますemoji

こんな情報知りたかった!と思ってくださった方!
今後のブログネタの参考にさせていただきますので、ぜひ「拍手する」していただけますと嬉しいです♪
よろしくお願いします!!
↓ ↓ ↓


拍手

PR
Send Comment
Name
Title
MailAdress
URL
Comment
Color
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
0 Comment(s)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ブログ内検索
Template by kura07, Photo by Abundant Shine
忍者ブログ [PR]