忍者ブログ
弾く人の心を写すピアノの音色。 その日、その時々に指から伝わる微妙な変化をキャッチし 表現されるその繊細な仕組みは、どうなっているのでしょう? 素材や設計、造りの違い、また、輸入、国産ピアノのメーカーのご紹介など 良いピアノの選び方にもつながる“ピアノ”という楽器について松田楽器ピアノギャラリーのスタッフがお届けします。
<< 2017 / 07 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
[ 50 ] [ 49 ] [ 47 ] [ 46 ] [ 45 ] [ 44 ] [ 36 ] [ 43 ] [ 41 ] [ 42 ] [ 40 ]

 新曲もいいけれど、今まで弾いた曲をもっと味のある曲に弾きこんでいきたいなと
思う今日この頃‥‥こんにちはemoji岸くんです(^^♪

我が家のピアノも1年調律の時期がやってきましたemoji
自分のピアノを長年弾いていると、愛着が湧いてきますemoji
そうすると1年に1度のメンテナンスをちゃんとしてあげなければ
「ピアノが可哀想emoji」と思えてくるものなんですね。

ピアノは犬や猫と違って車などのように物体ですが
車好きな方は車が愛おしいと思うのと同じで、ピアノに対しても愛おしい
と思う方は多いと思います。

さて、ピアノのメンテナンス‥といえば、調律ですよねemoji

調律とは一言で言えば『ピアノを心地よく弾けるようにする作業』です。
音程を正しい位置に合わせることはもちろん、弾きやすく働きを確認、調整をします。

ではなぜ1年に1度必要なのでしょうか。

①ピアノの弦は1本につき約80キロもの強い力で張られています。
 弦の総数は1台あたり約230本あるので、全部の総張力は何と20トンにも及びます。
 その為、1年も経つと弦の張力が緩み、音程が下がり気味になるため
 音律を一定に整える必要があります。

②1年を通して生じる温度と湿度の変化によって、弦をはじめとする金属部分や
 木製部分に影響を及ぼし音程やタッチが変わってきます。

音が狂っているピアノは音がにごり、とても気持ちの悪いものですemoji

調律の仕事は、整音、整調、修理などの作業があります。
次回はこれらについて、お話ししたいと思います。

ピアノのメンテナンスについてのお問い合わせは
(株)松田楽器ピアノギャラリーまでお気軽にどうぞemoji



こんな情報知りたかった!と思ってくださった方!
今後のブログネタの参考にさせていただきますので、ぜひ「拍手する」していただけますと嬉しいです♪
よろしくお願いします!!
↓ ↓ ↓


拍手

PR
Send Comment
Name
Title
MailAdress
URL
Comment
Color
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
0 Comment(s)
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ブログ内検索
Template by kura07, Photo by Abundant Shine
忍者ブログ [PR]