忍者ブログ
弾く人の心を写すピアノの音色。 その日、その時々に指から伝わる微妙な変化をキャッチし 表現されるその繊細な仕組みは、どうなっているのでしょう? 素材や設計、造りの違い、また、輸入、国産ピアノのメーカーのご紹介など 良いピアノの選び方にもつながる“ピアノ”という楽器について松田楽器ピアノギャラリーのスタッフがお届けします。
<< 2017 / 10 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
[ 131 ] [ 133 ] [ 124 ] [ 129 ] [ 126 ] [ 125 ] [ 123 ] [ 122 ] [ 120 ] [ 117 ] [ 118 ]
インフルエンザの猛威におびえるemojiピグです(*^^)v


とある新聞にこんな投稿が載っていました

30年前長女がピアノを習い始めて買ったピアノ。長い間居間の主役であり、子供が独立しても変わらぬ存在感であった。部屋を改装することになり、迷った末手放すことに・・・「もう弾く事はない」と割り切ったつもりだったのに、いざ手放すことになったら沢山の家族の思い出がよみがえり、寂しい気持ちになった。ピアノは修理工房で再生されるそうだ。再生されたらまた新しい持ち主のところで再び美しい旋律を奏でる事だろう。うちで眠っているよりはピアノだって本望に違いない。そう思う事で押し寄せる寂しさを振り切った。

長年愛用していたピアノemoji
知らず知らずのうちに家族の一員にピアノはなっていたのでしょうねemoji


当店でもピアノ買取を行なっています。
買取査定でピアノに会いに伺うと、ほとんどのお客様がピアノを買われた当時の事をよくお話してくださいます。
「このピアノの音がとても綺麗で気に入って買ったんです」や「当時は子育てにもお金がかかったから、月賦(分割)で一生懸命買ったんですよ」など・・・。それだけでなく当時買いに行った時の服装、情景まで覚えておられることも!

とても気に入っているピアノだから置いておこうかとも思ったけれど、弾かれていたお子さんが独立され、弾かずにこのまま置いていてもピアノが可哀想だからと、泣く泣く手放す決断をされる多くのお客様達に、外装は綺麗に磨き上げ、内部は丁寧にきちんと調整して、次のお客様へ喜んでお使いいただくように頑張るお約束をすると安心してくださり、「次の新しい持ち主さんのところで、またあの美しい音色を奏でてくれたら本当に嬉しいのでよろしく」と想いを託されます。

このような投稿やお客さまに出会うとピアノを手放されるのはとても寂しいことですが、家族の一員として大切にされたピアノはとても幸せだなあと感じるとともに、これからも大切に愛情かけてお手入れをして、次のお客様へつなげなければemojiと改めて気持ちが引き締まります。


家族の一員として大切にされたピアノたちemoji
松田楽器ピアノギャラリーには、国産中古ピアノから、多くの音楽愛好家に愛される一流ブランドのスタインウェイまで多数展示しておりますemoji是非お越しくださいemoji


こんな情報知りたかった!と思ってくださった方!
今後のブログネタの参考にさせていただきますので、ぜひ「拍手する」していただけますと嬉しいです♪
よろしくお願いします!!
↓ ↓ ↓

拍手

PR
Send Comment
Name
Title
MailAdress
URL
Comment
Color
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
0 Comment(s)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ブログ内検索
Template by kura07, Photo by Abundant Shine
忍者ブログ [PR]