忍者ブログ
弾く人の心を写すピアノの音色。 その日、その時々に指から伝わる微妙な変化をキャッチし 表現されるその繊細な仕組みは、どうなっているのでしょう? 素材や設計、造りの違い、また、輸入、国産ピアノのメーカーのご紹介など 良いピアノの選び方にもつながる“ピアノ”という楽器について松田楽器ピアノギャラリーのスタッフがお届けします。
<< 2017 / 10 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
[ 87 ] [ 86 ] [ 83 ] [ 79 ] [ 82 ] [ 71 ] [ 70 ] [ 69 ] [ 68 ] [ 67 ] [ 80 ]
先日、某銀行で今私が練習しているピアノ曲が流れており、用が済んだのに立ち止まったまま聴き入っていた岸くんです ♬♫♬♫~
心を落ち着かせる効果があるヒーリングの曲、秋冬の静寂な雰囲気にピッタリですemojiemoji

さて、今回は今までのお話を簡単にまとめてみたいと思いますemoji

子供がピアノを長く続けるために‥、教室では楽しいレッスンになるように、そして家では練習する環境作りを工夫できればいいですねemoji

ただし、最初にお話ししたように、ピアノを習うかどうかはお子さんの気持ち、様子を見て判断してあげてほしいと思います。
そして興味を持って習い始めたとしても、早く上達してほしいからと親があせらずに、徐々に現れる子供の能力や可能性を受け止め、それに沿って後押し(サポート)するようにすれば良い結果に結びついていくのではないでしょうか。

恥ずかしながら私の小さい頃の経験は真逆のものでしたemoji
ピアノを始めたのは自分の意思ではなく、しかも先生は気分屋で怖い、母親は音楽音痴で放任(^_^;)
当然のごとく練習をあまりしなかったので、上達がすごく遅かったです。
大人になって自らまたピアノを弾きたいと思い、趣味で楽しみ、ピアノ販売及び音楽教室の受付という仕事に携わらせてもらっていますので、小さい頃習った経験は十分活かされているのですが、ただその時の条件がよければ、もっと上達していたであろうことは言うまでもありません(^_^;)

一人一人個人差はありますので、周りの大人がその子供に適した環境でレッスンができるよう考えてあげて、楽しいピアノライフが送れるようになればいいですねemojiemojiemoji


MGミュージックアカデミー
では、お子さまのレベルに合わせ親切丁寧に楽しくご指導しています。
入会・一回体験 随時募集しておりますので是非、お気軽にお申込みくださいemoji
お待ちしておりますemoji



こんな情報知りたかった!と思ってくださった方!
今後のブログネタの参考にさせていただきますので、ぜひ「拍手する」していただけますと嬉しいです♪
よろしくお願いします!!
↓ ↓ ↓




拍手

PR
Send Comment
Name
Title
MailAdress
URL
Comment
Color
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
0 Comment(s)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ブログ内検索
Template by kura07, Photo by Abundant Shine
忍者ブログ [PR]