忍者ブログ
弾く人の心を写すピアノの音色。 その日、その時々に指から伝わる微妙な変化をキャッチし 表現されるその繊細な仕組みは、どうなっているのでしょう? 素材や設計、造りの違い、また、輸入、国産ピアノのメーカーのご紹介など 良いピアノの選び方にもつながる“ピアノ”という楽器について松田楽器ピアノギャラリーのスタッフがお届けします。
<< 2017 / 10 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
[ 38 ] [ 39 ] [ 37 ] [ 31 ] [ 33 ] [ 35 ] [ 34 ] [ 32 ] [ 30 ] [ 29 ] [ 28 ]
寒暖の差が激しく体調を崩しそうですが、栄養をつけて踏ん張っている岸くんです(^^♪
売場のピアノも風邪ををひかないよう、加湿器などで湿度調整しているので
きれいな音を保ってくれています♪

さて、きれいな音‥といえば、透明感のある音で賞賛されているベヒシュタインも
そのひとつ!!emoji
今日は、そのベヒシュタインの特徴をお話ししたいと思います。

emoji 音色の特徴‥‥透明感があり、ひとつひとつの音が濁らないので
                和音の多い曲であっても演奏者の意図する旋律を
                奏でることができる。 
                            音の立ち上がりが早く、演奏者のテクニックによって
                 イメージが的確に表現できる。

 emoji 構造的特徴‥‥上記の『透明感のある音を作る』をコンセプトとしているので
                 フレームと弦を完全に分離することで金属的な雑味を無くし
                 立ち上がりの早いクリアな音色を実現させるため
                 『総アグラフ式』を採用。
 ←アグラフとは穴に弦を通している金色の部品。

           
                         響鳴板には厳しい環境で育ったヨーロッパのトウヒ材
                (弾力性に富み、振動から音に変えるエネルギーが高い)を
                  使用している。
                  板のひずみやそりをさけるため、長い年月をかけて
                使用する木材を自然乾燥し、最適な含水率まで下げる。
                  それから響鳴板に加工し、さらに数か月室内で寝かせて
                完成させる。
                          透明感のある音を作り出すために大事な特徴のひとつが
                『除響板』。
 ←除響板とは右上、左下の黒い三角の部分。
                       この部分の響鳴板を取り除くことにより
                       乱反射をなくして雑味をなくしている。        


響鳴板をはじめとした各部品の材料の選定から、ピアノを組み立てる全工程までを
常に『音作り』をテーマに、手間暇かけて愛情たっぷり作られています。
だから、世界の音楽愛好家に高貴なピアノとして賞賛されるわけですねemoji


ピアノを愛し、ピアノを知り尽くした職人によって作られるベヒシュタイン。

そんなベヒシュタインを是非見てみたい、弾いてみたいemojiという方
(株)松田楽器ピアノギャラリーでは、ベヒシュタイン12Aモデルを展示中です♪
是非お越しください、お待ちしておりますemoji


こんな情報知りたかった!と思ってくださった方!
今後のブログネタの参考にさせていただきますので、ぜひ「拍手する」していただけますと嬉しいです♪
よろしくお願いします!!
↓ ↓ ↓



拍手

PR
Send Comment
Name
Title
MailAdress
URL
Comment
Color
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
0 Comment(s)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ブログ内検索
Template by kura07, Photo by Abundant Shine
忍者ブログ [PR]