忍者ブログ
弾く人の心を写すピアノの音色。 その日、その時々に指から伝わる微妙な変化をキャッチし 表現されるその繊細な仕組みは、どうなっているのでしょう? 素材や設計、造りの違い、また、輸入、国産ピアノのメーカーのご紹介など 良いピアノの選び方にもつながる“ピアノ”という楽器について松田楽器ピアノギャラリーのスタッフがお届けします。
<< 2017 / 12 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
[ 1 ] [ 2 ]
寒さに耐えられず、こたつでまったり中のピグです(*^^)v

前回は防音を考えたピアノの置き場所についてお話しました。
今回は、ピアノ本体emojiにする防音対策についてお話します。
 
ピアノ本体に、と言ってもすぐにできる簡単な方法です

前回、『ピアノの音は“響鳴板”と呼ばれる後ろの板が響いて音が出る』
そして、『響鳴板からでた音の振動が壁を伝り、上下、お隣の部屋に伝わる』ので
そのことを知っていると良いアイディアが出てくるかもしれないと書きました。

では、どのような方法があるかと言いますと・・・

emoji響鳴板を毛布や段ボールで塞ぐ
音の出口である響鳴板と壁の間に、振動を吸収または遮断する素材を
挟み込むと
大分効果があります。

『毛布』や『段ボール(大きいサイズが必要ですが)』は
ご用意しやすいのではないでしょうか?

以前、お客様のお宅でされていた『低反発のクッション』も
とても良いと思いましたemoji


emoji床に吸音&遮音効果のある絨毯などを敷く
ピアノの足元(キャスターなど床との接地面)から床に伝わる振動は
『防音用の絨毯』や『畳』などで吸収
することにより
振動の伝わりを小さくなります♪


もっと防音効果を求められるのなら、響鳴板を塞ぐピアノ専用のエコパネル
ピアノの下に敷く専用の
防音絨毯がございますので、お気軽にお問い合わせくださいemoji

この方法でも難しい場合は、最終手段として『消音機取付』又は『防音室』となります。
特に防音室は大掛かりなことになりますので、まずは上記の手軽にできる対策から
ぜひ、ご近所への配慮としてされてみてください。


どうしたら良いのか方法がわからない方は、当店までご相談くださいね!

今回は、ピアノ本体emojiにする防音対策でした。

次回は防音対策で一番重要なことについて
話します。


まさに今、困っている!と緊急でお悩みの方は
(株)松田楽器ピアノギャラリーまでご相談ください!



こんな情報知りたかった!と思ってくださった方!
今後のブログネタの参考にさせていただきますので、ぜひ「拍手する」していただけますと嬉しいです♪
よろしくお願いします!!
↓ ↓ ↓



拍手

PR
街の中もクリスマスカラーに染まり、ウキウキ気分のピグです(*^^)v

ピアノを購入する際、まず考えるのは、置き場所ですよね。
「ご近所への音漏れ」が気になる方も多いのではないでしょうか?

どこに置いたら音が漏れにくいのかしら・・・』

emoji畳の部屋はお勧めemoji

お客さまより『和室にピアノは置けるんですか??』とご質問を受ける時があります。
畳の間にはピアノが置けない!と思われている方もおられるかもしれませんが
答えは「大丈夫」です。

むしろ、
は畳床と呼ばれる中心部(藁の部分)がありますので音を吸収してくれます。
ですので、少しは防音対策になります。

それに対しフローリングは、木の板で出来ているため
木の目に沿って音が伝わっていきます。

ですので、響きの助けとなり演奏者にとっては嬉しい状況なのですが
“防音”の面からすると、フローリングに置かれる場合には
遮音効果のある絨毯を敷くなど、対策が必要となる場合があります。


あと、お部屋にピアノを設置する際にできることでは・・・

emoji壁にピッタリくっつけない(特に外壁・隣住人さまと接した壁)
ピアノの音は『響鳴板』と呼ばれる後ろの板が響いて音が出ます。
マンションの場合は特に、ピアノを壁にピッタリくっつけて設置すると
響鳴板からでた音の振動が壁を伝って、上下、お隣の部屋に伝わります。

生活スペースの中にピアノを置かれる方が一般的に多いと思いますので
なかなか、ピアノだけに場所を取ることも出来ないと思いますが
『ピアノの後ろの壁から主に音が鳴り、振動が壁に伝わる』ということを
知っておくと良いアイディアが出てきませんか?

emoji窓の近くに置かない

そして、ピアノを弾く際は、必ず、窓のカギをきちんと閉めてください。
また、カーテンも防音用がありますので、そちらにしていただくなども工夫できます。
ちょっとした事ですが、違いがありますよemoji

どうしたら良いのか方法がわからない方は、当店までご相談ください!



今回はピアノの置き方をお話しました。
次回は、ピアノ本体emojiにする防音対策です

まさに今、困っている!と緊急でお悩みの方は
(株)松田楽器ピアノギャラリーまでご相談ください!


こんな情報知りたかった!と思ってくださった方!
今後のブログネタの参考にさせていただきますので、ぜひ「拍手する」していただけますと嬉しいです♪
よろしくお願いします!!
↓ ↓ ↓





拍手

もう冬支度が済み、雪だるま状態のピグです(*^^)v

最近は、ご近所からピアノの音があまり聴こえなくなりました。
ですので、どこからかピアノが聞こえてくると
「あ!ピアノを楽しんんでおられる♪」と嬉しく感じます。

ピアノが好きな者からすると、このように思うわけですが
音に対し、耳触りと感じられる方もおられますので
なかなか、思い切りピアノを弾ける環境というのは難しいですね。

実際、ピアノをご購入される際、一番お客さまが気にされる事が
周囲に漏れる“音”についてです。

戸建ての方もマンションの方も、ピアノの音が
周りに迷惑になっていないかとやはり気にされています。

防音対策ってどうしたらいいのかしら・・・
消音機を購入しなければいけないのかしら・・・
防音室ってどんなもの??

これから数回に分けて、ピアノの置き場所や
置く時に簡単に出来る防音対策などお話したいと思います。

まさに今、困っている!と緊急でお悩みの方は
(株)松田楽器ピアノギャラリーまでご相談ください!



こんな情報知りたかった!と思ってくださった方!
今後のブログネタの参考にさせていただきますので、ぜひ「拍手する」していただけますと嬉しいです♪
よろしくお願いします!!
↓ ↓ ↓





拍手

今年は秋が短そうです。emoji
キンモクセイの香りをもっと楽しみたい岸くんです(^^♪

ご来店のお客さまからよく聞かれることのひとつ‥‥

「ピアノを置く時、床の補強は必要ですか?」

ご家庭で一般的にお使いになるピアノの重さは、アップライトピアノは約200~260kg
グランドピアノ(奥行き200cmまでのサイズなら)約300~350kgが目安となります。

現在、建築基準法で木造の在来工法の建築物は1㎡に対し約180kgの荷重に耐えれる設計になっており
実際はそれ以上の耐荷重を見込んでいるそうです。emoji

ではピアノは200kg超えてるからだめなのでは??と思ってしまいそうですが
ピアノの重量を支えている点がアップライトは4点、グランドピアノは3点で
それぞれ1点あたりの重力が分散されます。

・・・と言うことは、実は、本を詰め込んだ本棚や、食器棚の方が重かったりします。
ですので、補強はしなくても全く問題ありません。

それでもご不安な場合は、ピアノ用床補強ボードなどがありますので、ご検討されてみてはいかがでしょうか。


ピアノに関してご相談、ご質問等ございましたら、いつでも(株)松田楽器ピアノギャラリーまでお問い合わせくださいemoji


こんな情報知りたかった!と思ってくださった方!
今後のブログネタの参考にさせていただきますので、ぜひ「拍手する」していただけますと嬉しいです♪
よろしくお願いします!!
↓ ↓ ↓






拍手

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ブログ内検索
Template by kura07, Photo by Abundant Shine
忍者ブログ [PR]