忍者ブログ
弾く人の心を写すピアノの音色。 その日、その時々に指から伝わる微妙な変化をキャッチし 表現されるその繊細な仕組みは、どうなっているのでしょう? 素材や設計、造りの違い、また、輸入、国産ピアノのメーカーのご紹介など 良いピアノの選び方にもつながる“ピアノ”という楽器について松田楽器ピアノギャラリーのスタッフがお届けします。
<< 2017 / 10 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
[ 29 ] [ 28 ] [ 27 ] [ 26 ] [ 24 ] [ 25 ] [ 21 ] [ 23 ] [ 22 ] [ 20 ] [ 19 ]
寒さに耐えられず、こたつでまったり中のピグです(*^^)v

前回は防音を考えたピアノの置き場所についてお話しました。
今回は、ピアノ本体emojiにする防音対策についてお話します。
 
ピアノ本体に、と言ってもすぐにできる簡単な方法です

前回、『ピアノの音は“響鳴板”と呼ばれる後ろの板が響いて音が出る』
そして、『響鳴板からでた音の振動が壁を伝り、上下、お隣の部屋に伝わる』ので
そのことを知っていると良いアイディアが出てくるかもしれないと書きました。

では、どのような方法があるかと言いますと・・・

emoji響鳴板を毛布や段ボールで塞ぐ
音の出口である響鳴板と壁の間に、振動を吸収または遮断する素材を
挟み込むと
大分効果があります。

『毛布』や『段ボール(大きいサイズが必要ですが)』は
ご用意しやすいのではないでしょうか?

以前、お客様のお宅でされていた『低反発のクッション』も
とても良いと思いましたemoji


emoji床に吸音&遮音効果のある絨毯などを敷く
ピアノの足元(キャスターなど床との接地面)から床に伝わる振動は
『防音用の絨毯』や『畳』などで吸収
することにより
振動の伝わりを小さくなります♪


もっと防音効果を求められるのなら、響鳴板を塞ぐピアノ専用のエコパネル
ピアノの下に敷く専用の
防音絨毯がございますので、お気軽にお問い合わせくださいemoji

この方法でも難しい場合は、最終手段として『消音機取付』又は『防音室』となります。
特に防音室は大掛かりなことになりますので、まずは上記の手軽にできる対策から
ぜひ、ご近所への配慮としてされてみてください。


どうしたら良いのか方法がわからない方は、当店までご相談くださいね!

今回は、ピアノ本体emojiにする防音対策でした。

次回は防音対策で一番重要なことについて
話します。


まさに今、困っている!と緊急でお悩みの方は
(株)松田楽器ピアノギャラリーまでご相談ください!



こんな情報知りたかった!と思ってくださった方!
今後のブログネタの参考にさせていただきますので、ぜひ「拍手する」していただけますと嬉しいです♪
よろしくお願いします!!
↓ ↓ ↓



拍手

PR
Send Comment
Name
Title
MailAdress
URL
Comment
Color
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
0 Comment(s)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ブログ内検索
Template by kura07, Photo by Abundant Shine
忍者ブログ [PR]